子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
友達との距離が近すぎる、抱きつく子どもへの「パーソナルスペース」の教え方
ホームへ トップページ
 > 
ルール・マナー
 > 
友達との距離が近すぎる、抱きつく子どもへの「パーソナルスペース」の教え方

友達との距離が近すぎる、抱きつく子どもへの「パーソナルスペース」の教え方

最終更新:2024.04.10
レシピ画像
この記事では、友達との距離が近かったり、不用意に抱きついてしまったりするような、距離感を取るのが苦手な子供に対して、どのように「パーソナルスペース」について教えていくのか、声かけの具体例を紹介しています。

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
んかうちの息子、いつもあの子にくっついてるような‥?
距離が近い、抱きつこうとしている!?
と心配になったこと、ありませんか?

他人との距離が近く、つきまとったり、抱きついたり、触ったり(ボディタッチ)する子どもへの導き方と声かけをご紹介します。


人にはパーソナルスペースという空間が有ります。
パーソナルスペースは、他者に侵入されると不快に感じる距離感です。

しかし、人との距離感がつかみにくい子どもにとって、距離が近いということは、仲良しのあかしだったりもします。

そこで、身体接触のスキンシップが相手にとって不快であることに気付かず、距離が近すぎて相手に避けられてしまうケースがあります。

年齢が上がるにつれて異性への接触はいっそう配慮が求められるため、こういった特性のあるお子さんには丁寧な指導が必要です。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    離れていても好きな気持ちはつたわるんだよ
    ■ボディタッチが苦手な子もいると教える
    「体をさわられることが苦手な子もいるよ」
    「くっつくよりも、おくちで言ってほしい子もいるよ」

    ■好き=近づく、嫌い=離れるではないことを教える
    「離れていても好きな気持ちはつたわるんだよ」

    ■他の親愛の表し方を教える
    「これからも仲良くしてねって言おうね」
    「一緒に遊べて嬉しいって言おうね」
    「おりがみ分けてあげようね」

    ■適切な距離を教える
    「近づくのは、腕の長さまでです」
    人との距離感が近い特性のあるお子さんには、具体的な指標があると分かりやすく伝わります。親しい友人でない場合は、腕の長さぐらいの距離が適切であると認識させます。

    ■許容できる接触範囲を教える
    「握手はオッケーだよ」
    「ハイタッチはオッケーだよ」
    「抱きつくのはだめだよ」
    「あたまをさわるのはだめだよ」

閲覧数 number of view

590

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/04/21 対象 5歳~

  • 2024/02/02 対象 4歳~

  • 2024/02/07 対象 3歳~

  • 2023/05/26 対象 1歳~

  • 2024/03/17 対象 6歳~

  • 2024/02/21 対象 7歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索