子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
飽きやすい、途中でやめてしまう。最後までやり遂げられない子への声かけサポート
ホームへ トップページ
 > 
すぐ飽きる
 > 
飽きやすい、途中でやめてしまう。最後までやり遂げられない子への声かけサポート

飽きやすい、途中でやめてしまう。最後までやり遂げられない子への声かけサポート

最終更新:2023.04.26
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
初の勢いは良いのに作品を最後まで仕上げられなかったり、途中で嫌になってしまったり、課題が難しいと感じると早々に諦めてしまったりするお子さんがいます。

そういった子は、日常的にあらゆることが中途半端になりがちのため、(どうせまた最後までできないからいいや)と自信ももてなくなってきてしまいます。
そのようなお子さんをどのようにサポートしてあげればよいのか、ご紹介します。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    もしかしたらこの図鑑、参考になるかも?
    ■最終ゴールまでにたくさんの小ゴールを用意しましょう
    ”スモールステップ”はよく耳にする言葉ですが、もう少し的確に言うと、小ゴールを用意してあげることが大切です。高い到達目標に対して意欲を感じるお子さんもいますが、そうでないお子さんもたくさんいます。最終ゴールまでにどのような過程で努力すれば良いのか、想像しにくい子もいます。子どもが想像できる、手の届く小ゴールをたくさん用意してあげてください。
    「よし!今日の分はゴールだね!あと半分で目標達成だね!」
    「5つのうち、2つめの目標クリア!順調だね♪」

    ■時にはヒントやお手伝いを
    「ヒントが欲しかったら、呼んでね」
    「お手伝いしてほしいときは、手伝ってって言ってね」
    「もしかしたらこの図鑑、参考になるかも?」

    ■小休止をはさんであげる
    「よし!一回休憩!頑張り屋さんには、おやつあげようね」
    「はーい、少し休憩しよう。半分までできたね!」
    集中力の持続時間はその子によりさまざまです。休憩が入ることで気持ちを切り替えられる子もいます。

    ■最後までやり遂げられるようにサポートして、成功体験につなげる
    「完成だね!よくがんばった!」
    「最後までできたの、本当にえらいよ!」
    子どもにとって、最後までできた!やってみたら思ってたよりできた!という体験は、自己肯定感を育むうえで非常に大切です。

閲覧数 number of view

601

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/03/22 対象 0歳~

  • 2023/07/09 対象 5歳~

  • 2023/04/03 対象 6歳~

  • 2023/04/03 対象 5歳~

  • 2023/10/28 対象 0歳~

  • 2023/03/16 対象 6歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索