子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
嫌と言えず押し付けられる。嫌なことをされる。友達の言いなりになる子どものサポート
ホームへ トップページ
 > 
はなす・伝える
 > 
嫌と言えず押し付けられる。嫌なことをされる。友達の言いなりになる子どものサポート

嫌と言えず押し付けられる。嫌なことをされる。友達の言いなりになる子どものサポート

最終更新:2024.06.23
レシピ画像
子育て中のパパママ、こんにちは。臨床心理士、公認心理師の資格をもつ声かけサポーターとして、日々の「困った!」に役立つ情報をお届けしてまいります。
一緒に悩みながら、少しでも心を休めて、子育てしていきましょう。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

自分の気持ちをうまく言葉や態度で表現できない子どもがいます。
そのため、友達にからかわれても「嫌」と言えなかったり、断れずに言いなりになってしまったりします。
損な役回りを押し付けられた時も、はっきりと表情や態度に表せないために、相手から「いいよ」という意味で受け入れられてしまうこともあります。

クラスメイトに嫌なことをされたときに、先生に伝えられないというのは、学校生活を送る上でとても苦しい状況を生み出してしまうため、「嫌」という力を身に付けたり、気持ちを伝える力をつけていくサポートが必要です。


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
じゃあ、木曜日までに先生に伝えてごらん

■自分の快・不快に気づく練習をする
イラストなどを使って、不快度を5段階で表現する練習をしましょう。
「1から5まで、今の嫌な感じはいくつかな?」

■子どもの話をじっくり聞く時間をもつ
子どもは上手く説明できないことを、「知らない」「分からない」「忘れた」という言葉で片付けがちです。
「それはこういうこと?」と丁寧に話すを聞き取る時間を意識しましょう。

■否定・拒否することは悪いことではないと教える
「嫌なことをされたときは、大きな声で、いや!やめて!って言っていいんだよ」
「やめて!と言わないと、相手の子は、もっとやっていいんだ、って思っちゃうの」

■「いやだ!」「やめて!」と言う練習する
ママ「ママのあとに続けて言ってみよう!やめて!」
子ども「や、やめて…」
ママ「そうそう。せーの!やーめーてー!」
子ども「やめてー…?」
ママ「いいよいいよ、大きな声で言うともっといいよ!やめて!!」
子ども「やめて!」

■先生に話すことを促す
もちろん緊急的なトラブルであれば、親から先生に伝えるべきですが、そうでない日常的なすべてのことまで親が先生に話していては、子ども自らが先生に伝えるチャンスを失ってしまいます。
たとえば、「自分で先生に言えそう?」と確認し、子どもが「言えそう」だと言うのならば、「じゃあ、木曜日までに先生に伝えてごらん」と伝えます。そして、「木曜日までにお話できなかったら、金曜日にママから言うね」とフォローしてあげると良いでしょう。

閲覧数 number of view

80

いいね いいねの数

0

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/10/07 対象 5歳~

2023/04/09 対象 5歳~

2024/05/23 対象 5歳~

2023/05/05 対象 2歳~

2023/06/14 対象 5歳~

2023/02/16 対象 5歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索