子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
人にぶつかったり、ふれたりしても気づかない子への声かけ
ホームへ トップページ
 > 
トラブル
 > 
人にぶつかったり、ふれたりしても気づかない子への声かけ

人にぶつかったり、ふれたりしても気づかない子への声かけ

最終更新:2023.06.18
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
意のコントロールが難しい子の中には、ほかのことがまったく目に入らないような様子を示す子がいます。シングルフォーカスなどとも言われます。

「これをしたい」「ここに行きたい」と思い動き始めると、ひたすらそこを目指すため、自分の姿勢やからだの感覚に意識が向きにくくなるため、人にぶつかったり、押しのけたりしても、そのことに気が付かないようです。

そのため、「ほらほら人にぶつからないの!」「人を押さないの!」と怒っても、(ぶつかってないじゃん)と感じ、苦痛にしかなりません。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    さっき〇くんとぶつかったの、気づいたかな?
    ママパパ「(かんたんな絵を見せながら)あなたは人の中にわりこんでいくときに、こんなふうにぶつかっています」
    子ども「ぶつかってないもん」
    ママパパ「うん。わざとじゃないもんね。じゃあさっき、〇くんとぶつかったの、気づいたかな?」
    子ども「ううん」
    ママパパ「そっか。あなたは気が付いていないけど、〇くんと肩がぶつかったみたいだよ。」
    子ども「うーん…ぼくぶつかってないんだけどなぁ」
    ママパパ「そっか。ぶつかったことに気が付かなかったみたいだね。〇くん、転びそうになっていたよ。それは気づいたかな?」
    子ども「え?そうなの?うーんじゃあ僕ぶつかったのかなぁ」
    ママパパ「〇くんはあなたとぶつかって悲しいみたい。どうする?」
    子ども「ぼくがあやまるの?わざとじゃないのに?」
    ママパパ「うーん。わざとじゃないけど、ぶつかっちゃって、それに気が付かなかった。なんかいいアイディアあるかな?」
    子ども「ぶつかっちゃったなら、あやまろうかな…」
    ママパパ「そうしよっか。自分で謝るって決めて、えらいね。なんて言おうか?」
    子ども「ぶつかってごめんなさい…?」
    ママパパ「それもいいね。ぶつかったことはわざとじゃないから…気づかなくてごめんなさい、もいいかもね?」
    子ども「わかった。言ってみる」

閲覧数 number of view

172

いいね いいねの数

2

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/04/19 対象 4歳~

  • 2024/01/07 対象 7歳~

  • 2023/06/07 対象 4歳~

  • 2023/10/22 対象 7歳~

  • 2023/09/16 対象 2歳~

  • 2023/02/27 対象 5歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索