子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
悪気なく無神経で失礼なことを言ってしまう子どもへの対応と声かけ
ホームへ トップページ
 > 
口が悪い
 > 
悪気なく無神経で失礼なことを言ってしまう子どもへの対応と声かけ

悪気なく無神経で失礼なことを言ってしまう子どもへの対応と声かけ

最終更新:2023.02.21
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
どもが失礼な言葉や無神経な物言いをすることで、悩んでいませんか?
本人はからかうつもりはなく、悪口を言うつもりなく、感じたことを素直に悪気なく口に出しただけだとしても、結果的にトラブルになることがあります。
適切な声かけをしながら対応していきましょう。

例えば、
ポッチャリしている子に「太っているね」
いつもよりお洒落をしている服装の子に「今日は変な服だね」
すりむいて膝から血が出ている子に「血がたくさん出ると死ぬんだよ」

ママパパは凍りつき、「なんてこと言うの!○ちゃんごめんね!?早く謝りなさい!」と大慌て。

子どもは、(なんで?だって太ってるよ?)と感じ、一体なにがいけなかったのか、分かりません。

こんな時、どのように対応して声かけをすれば良いのか、ママパパが実践できる声かけをご紹介します。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    体のことは、言いません。
    お子さんの特性の度合いによってどう伝えれば良いのか工夫が必要ですが、一般的には次のように対応します。

    ■外見のことは言ってはいけないとハッキリ伝える
    「体形のことは、言いません」
    「服装のことは、言いません」

    ■具体的な言動を教える
    「転んで血が出ていたら、先生のところに連れて行ってあげようね」
    「泣いてる子がいたら、大丈夫?って声をかけてあげようね」

    ■相手側の気持ちを教える
    「太ってるって言われたら、嫌な気持ちになります」
    「変って言われたら、悲しい気持ちになります」

    また、”ほめられると嬉しい”ということも、あわせて伝えてあげられると良いですね。

閲覧数 number of view

552

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/02/22 対象 5歳~

  • 2023/02/27 対象 5歳~

  • 2023/10/07 対象 4歳~

  • 2023/02/21 対象 3歳~

  • 2023/05/17 対象 4歳~

  • 2023/05/25 対象 6歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索