子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【乱暴】5歳児の口が悪い、言葉遣いが悪いのを直したい!子供への理解と声かけ例
ホームへ トップページ
 > 
口が悪い
 > 
【乱暴】5歳児の口が悪い、言葉遣いが悪いのを直したい!子供への理解と声かけ例

【乱暴】5歳児の口が悪い、言葉遣いが悪いのを直したい!子供への理解と声かけ例

最終更新:2024.02.19
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
育て中のママ・パパへ、子どもの口が悪く言葉遣いを直したいと感じたときの対応方法をご紹介します。

子どもがどこで覚えてきたのか、いつのまにか悪い言葉を使うことってありますよね。
親としては、口が悪い、汚い言葉を使うことに悩んでしまうこともあると思います。

中には、悪い言葉だと分かっていながらも、突発的に使ってしまう子もいます。
軽い気持ちで使う場合もありますし、周りの反応を面白がって使う場合もあります。

子どもへの理解を深めながら、適切な声かけをご紹介します。


お子さんがそんな言葉をつかったら、次のように対応してみてはいかがでしょうか。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    ストップ!その言葉はいけません
    ■使ってしまったときは、それがいけない言葉であるとその場で淡々とハッキリ注意する
    「ストップ!その言葉はいけません」
    「”〇〇”という言い方はしません」
    →ママパパが笑いながら、「もー、その言い方やめてってばー」「それ嫌われるよー」といった伝え方は好ましくありません。

    ■チクチク言葉の代わりになるふんわり言葉を教える
    例)チクチク言葉 → ふんわり言葉
    「めんどくさい」→「手伝ってください」
    「つまんねー」 →「これじゃないのをやりたい」

    ■ふんわり言葉を使った時は積極的に褒める
    「今の”〇〇”って言葉、とってもいいね」
    「チクチク言葉じゃなくてえらかったね」

    ■人に言ってはいけない言葉をリストアップして掲示する
    例)バカ、死ね、うざい、キモイ など。

    ■その言葉を使った理由を尋ね、好ましい行動を教える
    「”バカ”って言ったのには、何か理由があったんだよね。教えてくれる?」
    「そっか。おもちゃがとられて嫌だったんだね。そんなときは、”おもちゃ返して”って言ってみよう。もし言えなかったら、先生に相談してみようね。」

    乱暴な言葉使いはいけないことだと教えつつも、子どもがどうしてその言葉を使わざるを得なかったのかについても、丁寧に聞き取ってあげてくださいね。

閲覧数 number of view

2209

いいね いいねの数

4

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/02/22 対象 5歳~

  • 2023/02/27 対象 5歳~

  • 2023/10/07 対象 4歳~

  • 2023/02/21 対象 3歳~

  • 2023/05/25 対象 6歳~

  • 2023/05/17 対象 4歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索