子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【聴覚過敏】子どもが音に敏感で大きな音を嫌がる時に必要な支援と声かけ
ホームへ トップページ
 > 
感覚が過敏
 > 
【聴覚過敏】子どもが音に敏感で大きな音を嫌がる時に必要な支援と声かけ

【聴覚過敏】子どもが音に敏感で大きな音を嫌がる時に必要な支援と声かけ

最終更新:2023.02.17
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
きな音を嫌がり、赤ちゃんの声、救急車の音、映画館などで敏感に反応して耳をふさぐ子どもの対応に悩んでいませんか?
一般的には聴覚過敏と呼ばれる特性ですが、感覚の度合いは、ひとりひとりの個性です。出来る限り理解してあげ、支援と声かけをしていきましょう。

聴覚過敏があるお子さんにとって、大きな音やうるさい音は、とてもつらくて不快なものです。

日常にはたくさんの音があふれています。
人よりも音に敏感なため疲れやすいのですが、子どもが自分で環境調整をすることは難しいため、大人が配慮してあげる必要があります。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    大きな声を出さないよう一緒にお願いしてみようね
    確定していて予告できる場合
    「これから○秒ぐらい大きな音がするよ」
    「お祭りがあるから、ドーンドーンって大きなタイコの音がするよ」

    音が予想される場合
    「大きな声を出さないよう一緒にお願いしてみようね」
    「嫌な音がしたら一緒に戻ろうね」

    なんとか頑張れそうな場合
    「イヤーマフを使うと音が小さくなって安心だよ」
    「ヘッドホンして好きな音楽きこうね」

    急に大きな音に遭遇してしまった場合
    手を引き、「静かなところへ移動します。大丈夫だよ。」と落ち着いてはっきり伝え避難しましょう。
    「移動できたね、えらかったね」とねぎらってあげてください。

閲覧数 number of view

777

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

材料:

・イヤーマフ
・ヘッドホン
・イヤホン



ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/02/17 対象 3歳~

  • 2023/06/26 対象 4歳~

  • 2023/12/27 対象 5歳~

  • 2023/04/13 対象 3歳~

  • 2023/02/12 対象 3歳~

  • 2023/04/07 対象 3歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索