子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【3-5歳向けの声かけ】子どもが薬を飲まない、飲みたがらない!どうすればいい?
ホームへ トップページ
 > 
好き嫌い
 > 
【3-5歳向けの声かけ】子どもが薬を飲まない、飲みたがらない!どうすればいい?

【3-5歳向けの声かけ】子どもが薬を飲まない、飲みたがらない!どうすればいい?

最終更新:2024.02.17
レシピ画像
どもはみんな病院もお薬も、大嫌い!
なんとか病院に連れて行って、診察を終えて、お薬をもらって。
家に帰って、ご飯を食べさせて・・・いざ!お薬を飲ませるのは一苦労。

お薬が嫌なのも分かるけれど、「お願いだから飲んで!」とイライラしてしまうこと、ありますよね。

子どもが薬を飲みたがらないときは、次のような声かけがおススメです。
さまざまに工夫をしながら、活用してみてくださいね。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    お薬を飲んだから、元気になってきたね
    ■薬を飲むことのメリットを教える
    「お薬を飲むと、熱が下がってラクになるよ」
    ※「お薬を飲ま”ない”と熱が下がら”ない”よ」というような、”ない・ない”の言い方は特に発達に特性のある子どもには伝わりにくいとされています。
    「お薬を飲めば、早く元気になれるよ」
    「お薬は、悪いバイキンをやっつけてくれるんだよ」

    ■子どもが興味を持ちやすいように工夫する
    「お薬は、魔法使いが作ってくれたジュースだよ」
    「お薬飲んだら、〇〇(憧れているキャラクター)が褒めてくれるよ」
    「(好きなキャラクターの箱に薬をいれて)はい、〇〇から元気になるお薬だよ」

    ■ご褒美の活用もアリ
    「お薬を飲めたら、シールをあげるよ」
    「お薬を飲めたら、絵本を読んであげるよ」
    「お薬を飲めたら、お部屋で一緒に遊ぼうね」

    ■どうしても嫌がるなら無理強いせず時間を空ける
    「じゃあ、また後で飲もうね」
    「どうしても飲めないなら、先生に相談しようね」

    ■飲んだら褒める
    「お薬を頑張って飲んでくれて、ありがとう」
    「お薬を飲めたね、えらいね」
    「お薬を飲んだから、元気になってきたね」
    「早く治ってほしいから、お薬飲んでくれてママ嬉しいな」

    ■薬に対する安心感を与える
    「ママも、早く良くなりたいから、おくすり飲むね。ゴックン」
    「(薬だよと言わずに好きなものに混ぜて)お咳が早く治るゼリーだよ」

閲覧数 number of view

47

いいね いいねの数

3



\欲しい声かけがパッと見つかる!/
検索 トップページへ




    2022/08/25 対象 2歳~

  • 2022/03/10 対象 5歳~

  • 2023/03/16 対象 3歳~

  • 2023/05/19 対象 3歳~

  • 2023/03/09 対象 2歳~

  • 2023/04/13 対象 2歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索