子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
被害妄想・被害者意識が強い子供への背景理解と対処法
ホームへ トップページ
 > 
トラブル
 > 
被害妄想・被害者意識が強い子供への背景理解と対処法

被害妄想・被害者意識が強い子供への背景理解と対処法

最終更新:2024.02.19
子どもの被害妄想や被害者意識が強い場合、友達との関わりにおいて気持ちの修正が利きにくく、トラブルになることが多くあります。

この記事では、子どもの被害妄想や被害者意識が強い場合の背景を理解しつつ、子どもに寄り添えるようなコミュニケーションの事例を紹介しています。
レシピ画像
子育て中のパパママ、こんにちは。臨床心理士、公認心理師の資格をもつ声かけサポーターとして、日々の「困った!」に役立つ情報をお届けしてまいります。
一緒に悩みながら、少しでも心を休めて、子育てしていきましょう。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る

被害妄想や被害者意識が強いときの背景理解

子育て中のママ・パパに向けて、子どもの被害妄想が強かったり被害者意識が強い場合の背景理解とその対応方法を紹介します。

認知の偏り、状況理解が苦手、思い込みが強い、相手の立場になって考えられない、といった特性のある子は、友だちとの関わりで被害者意識をいだきやすく、気持ちの修正が利きにくいため、トラブルにつながることが多くあります。

例えば、弟がお姉ちゃんに偶然ぶつかったとします。

お姉ちゃんは主観的事実:自分が感じた事実
(わざとぶつかられた!前もぶつかってきた!)
の気持ちが強いため、弟の言い訳や親からの客観的事実:実際に起こったこと

「ごめん!わざとじゃないよ!」
「弟は後ろを向いていたからお姉ちゃんに気づかなかったみたいだよ」

を受け入れられません。結果として、

「私は悪くない!私は被害者なのにみんなに責められた!」

と感じてしまいます。


このような時、次のような言い方で大人が場を収めてしまうと、本人も周りも納得できないままとなり、次に活かされません。
「はいもうおしまい。Bちゃん、怒るのはやめて仲直りしようね」


では、代わりにどのように対話をしていけばいいのか。

子どもに寄り添い、気持ちを受け止めてあげられるようなコミュニケーションの例を紹介していきます。


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

被害妄想や被害者意識が強い子どもへの声かけ例

お気に入り登録
そんなときはなんて言ってあげたらいいかな

会話ができるぐらい気持ちが落ち着くのを待って、対話を試みましょう。
大人「みんな、座りましょう(落ち着かせる安心させる)」
大人「順番に確認するね。質問されたら答えてください。Aくんは、どうしてBちゃんにぶつかったの?」
Aくん「Cくんと喋りながら歩いていて、後ろ見てたから気付かなくて、ぶつかっちゃったんだ」
大人「そうなんだ。後ろを見てたんだね。じゃあCくんはどう見えた?」
↑このように中立に、順番に、事実確認をしましょう。

Bちゃん「…砂場でお城を作ってた。Aくんがぶつかってきたから壊れた」
大人「それはビックリしたし、怒りたい気持ちになって当然だね」
↑Bちゃんをなだめて説得するだけではなく、気持ちも受け止めてあげましょう。

大人「Aくんはわざとじゃなかったみたいだけど、ぶつかって悪かったなって思って、謝ってくれたみだいだよ。そんなときはなんて言ってあげたらいいかな」
Bちゃん「ちゃんと前見てねとか、気をつけてね、かな…」
大人「とってもいい言葉だね」
↑このような感じで一緒にふりかえりをしてあげましょう。

閲覧数 number of view

4890

いいね いいねの数

10

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/04/19 対象 4歳~

2024/01/07 対象 7歳~

2024/04/09 対象 6歳~

2023/10/22 対象 7歳~

2023/06/07 対象 4歳~

2023/09/16 対象 2歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索