子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
子供が小学校で友達ができない・いない!?我が家でのケアとサポート方法
ホームへ トップページ
 > 
園・学校
 > 
子供が小学校で友達ができない・いない!?我が家でのケアとサポート方法

子供が小学校で友達ができない・いない!?我が家でのケアとサポート方法

最終更新:2024.03.22
子供が小学生になったけれども、なかなか仲良しの友達が出来なくて心配という方向けに、どのように声をかけていくか、一例を紹介していきます。
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

年度から、息子が小学1年生。

日々、どんな小学校生活を送り、どんなことを感じたのか、息子と話をします。
そんな中、恥ずかしがりやの息子は、なかなかお友達と呼べる子ができていないようで、周りの子とどう接してよいのかが、わからないようです。

まだ「お友達ができた!」といった成果は得られていませんが、息子が前向きに周りの子供とかかわろうと反応したアドバイスの仕方について紹介しいます。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    お友達作るのは難しいよね、パパが小学1年生の時はこうだったよ!
    ●概要
     ・子供の立場に立って、共感すること
     ・上記の上で、自分の昔話(小学1年生のころはどうだったのか?)を話してあげる。

    ●ポイント
     ・子供の立場にたって、共感してあげることで、自分の行動・感性への肯定意識を助長(自分はダメな子なんだと否定意識を持たないようにするための対策)し、かつ、子供がアドバイスに耳を傾けるように促す。
     ・アドバイスは子供の特徴に合わせて、子供が無理をしなくてよい範囲の方法を教える。

    ●会話例(子供は恥ずかしがりや)
    親「小学校でお友達は出来た?」
    子「・・・」
    親「じゃあ、お友達のお名前を教えてよ。」
    子「・・・」
    (お友達と呼べる子がまだ周りにいないことを察知)
    親「お友達を作るのって難しいよね。パパも小学校に入学するときに、お引越ししたから、周りに知っている子が1人もいなかったんだよね。」
    子「・・・」
    親「みんなで遠足に行ったり、運動会したり、お話したりして、ゆっくり友達を作っていけばいいよ。」
    子「パパは、小学生の時、何人お友達作ったの?」
    親「1年生の時はあまり友達はいなかったけど、6年生の時は、100人いたよ!」
    子「そうなんだ!」
    親「だから、ポケモンのお話とか、周りの子としてみれば?みんな好きかもよ!」
    子「わかった。」

閲覧数 number of view

534

いいね いいねの数

2

こんなお子さんにおすすめ!

小学生 男の子 女の子

playListがお送りするラジオ番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室
・通勤や帰宅の時間に
・子どもの送り迎えの時間に
・家事や育児の合間の時間に
ぜひ聞いてみてください!
皆様の感想・コメントをお待ちしています!
2024年 新番組 毎週金曜更新
最新話 5/24 (金)
『#6 勉強中につまずくと泣きわめく。家庭学習を上手く出来ているケースはあるの?』↓↓↓




    2023/12/22 対象 5歳~

  • 2024/04/12 対象 6歳~

  • 2023/06/05 対象 3歳~

  • 2023/07/29 対象 6歳~

  • 2023/03/09 対象 2歳~

  • 2023/07/27 対象 5歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索