子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
「わからない」が言えない子どもに対して意思表示をサポートするための声かけ
ホームへ トップページ
 > 
はなす・伝える
 > 
「わからない」が言えない子どもに対して意思表示をサポートするための声かけ

「わからない」が言えない子どもに対して意思表示をサポートするための声かけ

最終更新:2023.02.22
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
問されたことに返事ができなかったり、黙ったまま下を向いていたり、「わからない」が言えない子どもがいます。意思表示がないと、質問したほうも困ってしまいますよね。こんなお子さんには、声かけサポートをしてみましょう。

例えばこんな会話。

ママパパ「〇ちゃん、これなんだと思う?」
〇ちゃん「…」

ママパパ「聞いてる?どう思う?」
〇ちゃん「…(下をむいてもじもじ)」

ママパパ「ん?どうしたの?」
〇ちゃん「…(ニコっと微笑)」

ママパパ「分からないの?」
〇ちゃん「…(首をコクンと縦にふる)」

「分からない」が言えない子、よく見かけます。
どうして言えないのかを要因を探りなら、声をかけていきましょう。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    もし知らなかったら教えてあげるね
    要因1)本当に何も分からなくて困っている
    その質問はまだ早かったかもしれません。新しい知識を身につけるチャンスです。わかるように説明してあげましょう。
    「分からなくてもいいんだよ。まだ習ってないもんね。これはね…(説明)」

    要因2)ぼんやり思うことはあるけど自信がない
    「ヒントいる?」
    「(さりげなくヒント)これはね、△△にあるものなんだけどー…なんだろね~」

    要因3)確信がないと答えたくない
    「こたえじゃなくて、思っていることを教えてね」
    「こうかな?って思うことを言ってみてね」

    要因4)以前「わからない」と言って怒られたことがある
    「もし知らなかったら教えてあげるね」
    「分からないときは、”分からない”って言ってみよう。せーのっ」

    要因5)間違えることで親の期待を裏切りたくない
    「間違ってもいいんだよ」
    「一生懸命こたえを考えてくれてるんだね、うれしいよ。」

    分からないものを分からないと意思表示できることも大切なスキルです。
    子どもが「分からない」と正直に言ってくれたら、「分からないって教えてくれてありがとうね。これはね…」と穏やかに説明してあげてくださいね。

閲覧数 number of view

264

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子


    2023/10/07 対象 5歳~

  • 2023/05/05 対象 2歳~

  • 2023/02/16 対象 5歳~

  • 2023/10/09 対象 3歳~

  • 2023/04/09 対象 5歳~

  • 2023/09/18 対象 4歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索