子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【コミック会話】我が家の自己中心的な息子に効果のあったコミュニケーショントレーニング
ホームへ トップページ
 > 
コミュニケーション
 > 
【コミック会話】我が家の自己中心的な息子に効果のあったコミュニケーショントレーニング

【コミック会話】我が家の自己中心的な息子に効果のあったコミュニケーショントレーニング

最終更新:2023.07.30
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

の息子が通う児童発達支援サービスで行われているトレーニングについて紹介します(自閉症の子供をメインに広く認知されているトレーニングだそうです。)。

このトレーニングだけのおかげだとは言い難いですが、自己中心的だまた息子が、相手の気持ちを考えてコミュニケーションを取れるようになってきました。

本方法は、聴覚情報のほか、視覚情報も用いるので、子供の理解が容易で、さまざまな特徴を持った子供に活用できます。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    何を思ったか、吹き出しに書いてみて。
    ⚫︎概要
    紙に問題状況を簡単に描写し、その場面に登場する人が、何を思って、どんな言葉を発したら良いのかを考察していく。

    ⚫︎ポイント
    •子供の考えを肯定し(否定しない。)、自己肯定感が損なわれないようなする。
    •良い考えが出た時は、必ず褒める。



    ⚫︎やり取り例(学校で友達と喧嘩したと話を聞いた時にやった時のもの)
    (紙に棒人間2人(息子と友達)とそれぞれに吹き出しを描いて準備完了、紙を見ながらやり取り開始)
    親「どうして、〇〇くんとけんかになったの?」
    子「だって〇〇くんがぶつかってきたから、叩いた。」
    親「じゃあ、⬜︎⬜︎(息子)がぶつかられた時、何を思ったか、⬜︎⬜︎の吹き出しに書いてみて。」
    子(「いたかった」と記入)
    親「ぶつかられたら、痛いよね。でも〇〇くんは、⬜︎⬜︎にわざとぶつかってきたのかな?」
    子「違うと思う。」
    親「じゃあ、わざとでないなら、ぶつかった時、〇〇くんは、どう思ったかな?〇〇くんの吹き出しに書いてみて。」
    子(「いたかった」と記入)
    親「じゃあ、⬜︎⬜︎は叩いて良かったのかな?」
    子「ダメ。」
    親「じゃあ、⬜︎⬜︎はどうすれば良かった?」
    子「〇〇くんも痛かったから、「大丈夫?」っていえばよかった。」
    親「そうだよね。そうしたら〇〇くんも「大丈夫?」って言ってきてくれたかもね。」

閲覧数 number of view

175

いいね いいねの数

5

こんなお子さんにおすすめ!

小学生 男の子 女の子

材料:

紙と鉛筆





ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/05/23 対象 3歳~

  • 2023/03/31 対象 2歳~

  • 2023/09/16 対象 3歳~

  • 2023/03/31 対象 2歳~

  • 2023/02/11 対象 3歳~

  • 2023/03/31 対象 6歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索