子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
子供がよく飲み物をこぼす。怒ったり叱ったりしない接し方。
ホームへ トップページ
 > 
やる気・主体性
 > 
子供がよく飲み物をこぼす。怒ったり叱ったりしない接し方。

子供がよく飲み物をこぼす。怒ったり叱ったりしない接し方。

最終更新:2024.02.20
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
どもって、よく飲み物をこぼします。
不器用だったり、不注意だったりするので仕方ないときもありますが、
お茶やジュースをこぼしたとき、叱らない接し方、次につながる声かけが出来ると良いですよね。

声掛けのチャンスは、朝起きてから夜寝るまでの日常生活の中にたくさん転がっています。
例えば、お子さんが食事中にお茶をこぼしてしまったとき…
 「あー!またこぼしたの!?よそ見するからでしょう!」
 「なんであんたはいつもこぼすの!気をつけなさい!」
 「もー、忙しいのに!ママパパがやるからあっち行ってて!」

とまっさきに小言を言いながら親がサっと後始末をしてしまったら、
声掛けの機会は失われるどころか、親子ともに不快な気分だけが残ります。

そんな時、ママパパがお家で実践できる声掛け例をご紹介します。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    こぼれちゃったね。どうしたらいい?
    ①共同注視をする
     「あれ?」「あっ」と言いながら、こぼれた場所を指さし、
     一緒に見る

    ②どうするべきか尋ね、少しでよいので考えさせる時間をとる
     「こぼれちゃったね。どうしたらいい?」

    ③具体的な好ましい対処法を伝え、準備をさせる
     「拭けばいいよね。タオルとって。」

    ④拭く動作をジェスチャーで示し、行動させる
     「ここを拭きます。」

    ⑤出来る限りほめ言葉で締めくくる
     「きれいになったね。ありがとう。」

    子どもが失敗したときこそチャンスです。
    どうしたら良いか考えさせ、自分で後始末をさせることで、言葉や考える力を伸ばす機会になります。

閲覧数 number of view

1658

いいね いいねの数

8

深堀り・追加情報(補足)

子供が飲み物をこぼす理由・要因!

子供が飲み物をこぼす場合の理由や要因はさまざまですが、一般的なものとしては以下のようなものが挙げられます:

■手の動かし方の発達不足:

特に幼い子供の場合、まだ手先の器用さが発達途中であり、コップを持つことや飲み物を注ぐことが難しいことがあります。

■注意散漫:

子供は何か別の刺激が周囲にある場合、飲み物を注ぐことやコップを扱うことに注意を向けられず、衝動的に他のものに興味が向いてしまいます。

■まだ慣れていない:

新しいコップや飲み物の種類に慣れていない場合、うまく扱えないことがあります。

子供が(わざと)飲み物をこぼす理由・要因!

わざとこぼす場合の心理は以下のようなものが考えられます:

■注意を引こうとする:

親の注意を引きたい、または他の何かを引き起こそうとする場合、わざとこぼすことで注目を集めようとすることがあります。

■抵抗心や反抗心:

子供が規則や命令に反抗心を持っている場合、わざとこぼすことでその反抗心を示すことがあります。

■興奮や楽しさ:

一部の子供は、わざとこぼすことで興奮し、楽しむことがあります。

子供が飲み物をこぼす時の対策

では子供が飲み物をこぼさないためには、親が出来る対策として、以下のような事をしてあげると良いかと思います。

■適切なコップを選ぶ:

子供が扱いやすい軽量なコップを選ぶことで、こぼしにくくなります。
毎度こぼしてしまって大変な場合は、蓋つきにしてしまえば良いと思います。

レシピ画像

■注意を促す:

子供に飲み物を注ぐ際や持つ際に注意を促したり、周囲に気を散らせるようなものを置かないということも重要です。テレビを消したり、テーブルの上を綺麗にしたり。

■心理的なアプローチ:

子供がわざとこぼす場合、注意を惹くためにやっている可能性が有ります。その際はふざけながら注意するのではなく、厳然とした態度で「ダメ」と注意します。


こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/07/21 対象 6歳~

  • 2023/09/07 対象 6歳~

  • 2023/02/17 対象 3歳~

  • 2024/02/18 対象 7歳~

  • 2023/03/08 対象 0歳~

  • 2023/12/30 対象 3歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索