子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
場の空気や表情がよめない、状況判断を誤る子への効果的な対応法
ホームへ トップページ
 > 
コミュニケーション
 > 
場の空気や表情がよめない、状況判断を誤る子への効果的な対応法

場の空気や表情がよめない、状況判断を誤る子への効果的な対応法

最終更新:2024.05.23
レシピ画像
子育て中のパパママ、こんにちは。臨床心理士、公認心理師の資格をもつ声かけサポーターとして、日々の「困った!」に役立つ情報をお届けしてまいります。
一緒に悩みながら、少しでも心を休めて、子育てしていきましょう。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

まれ持った特性として、場の空気をよむことが苦手だったり、相手の表情をよみ取ることが苦手だったりして、状況判断を誤りやすい子がいます。

どの子どもも、幼いうちは空気がよめないものなので、小さいころはあまり気になりませんが、社会性が身につく年齢になってくると、表情や場面のよみ取りが苦手な子は、「あの子空気よめないよね」と浮いてしまいがちです。

こういった状態が続くと、周囲から「あいつなんなの?」と思われてしまい、本人の意図しないところで嫌われてしまうことにつながりますから、早めに介入してあげられると良いですよね。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
あの子も使いたいんだって。あと3回やったら代わってあげようね
■「空気読んで」ではなく、今起こっていること教える
例:転んで泣いている子をみて…
「あの子何で泣いてるの?」→×「見れば分かるでしょ」
「あの子何で泣いてるの?」→〇「転んで痛かったから泣いてるんだよ」

例:みんなが先生の話を聞いているときに・・・
「遊んでいい?」→×「まわりをよくみてごらん」
「遊んでいい?」→〇「遊びません。今は**の時間です」

例:小さな子が遊具を譲ってほしそうにしているときに・・・
「私が先だったもん」→×「ほら、譲らないと」
「私が先だったもん」→〇「あの子も使いたいんだって。あと3回やったら代わってあげようね」

■失言はあとで一緒に振りかえる
例:身長が小さなA君に対して・・・「ずっとチビだね。背伸びないの?」
例:太っているB君に対して・・・「太ってるね。なんで痩せないの?」
「A君はどうして怒ったんだと思う?」
「B君はどうして泣いたんだと思う?」
「〇って言われたから、嫌な気持ちになったんだと思うよ」
「〇っていう言い方は、相手を傷つける言い方だったかもね」

ある程度は個性として受け止めながらも、適応的な行動を身につけていけるよう、大人がサポートしてあげましょう。

閲覧数 number of view

81

いいね いいねの数

0

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListがお送りするラジオ番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室
・通勤や帰宅の時間に
・子どもの送り迎えの時間に
・家事や育児の合間の時間に
ぜひ聞いてみてください!
皆様の感想・コメントをお待ちしています!
2024年 新番組 毎週金曜更新
最新話 6/21 (金)
『#10 子どもが、わざとじゃない!と言って謝ることが出来ない。 』↓↓↓




    2023/05/23 対象 3歳~

  • 2023/03/31 対象 2歳~

  • 2023/03/31 対象 2歳~

  • 2023/09/16 対象 3歳~

  • 2023/02/11 対象 3歳~

  • 2023/03/02 対象 4歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索