子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
危険な行動をとる子の注意の仕方
ホームへ トップページ
 > 
指示が通らない
 > 
危険な行動をとる子の注意の仕方

危険な行動をとる子の注意の仕方

最終更新:2023.06.21
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

子育て中のみなさん、こんにちは(^^)
臨床心理士、公認心理師のこっこ先生と申します。
心理職として、医療機関や教育機関に長年従事しております。

日々のお仕事は、子どものプレイセラピーや、保護者や子ども自身からの相談、発達検査が中心で、毎日たくさんの子どもたちと触れ合いながら、仲間と楽しく働いています。

(声かけレシピへの想い)
ママパパは毎日の子育てに大奮闘。
時には心が折れそうになったり、嫌な気持ちが出てきてしまったり、疲れてしまうこともありますよね。
「これをすれば、だれでも一発解決!」なんていう魔法があれば良いのですが…、残念ながらそうもいきません。

ママパパの「困った!」を少しでもサポートしたいという想いで、声かけレシピを発信してまいりますので、肩の力を落として、ゆったりお読みいただければと思います。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る
湯にふれる、包丁にふれるなど、高いところにのぼるなど、危険な行動をとる子がいます。

考えられる背景としては、次のようなものがあります。
・何がどう危険な行動なのかを知らない
・注意散漫
・短期記憶が弱く注意されたことを忘れる
・状況理解が弱く危険な状況であることに気づかない
・わざとやっている

けがにつながる恐れがあるため、上手に声をかけて注意しましょう。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    包丁に触ってはいけません。皮膚が切れて、血がでます。
    ■どんな危険があるのかをしっかり説明する
    「包丁に触ってはいけません。皮膚が切れて、血がでます。すごく痛いし、病院に行かなければなりません」
    「虫眼鏡で太陽を見てはいけません。太陽の光はとても強いので、目が見えなくなくなってしまいます。目が見えなくなったら、治りません。」

    ■危険な行動はすぐにやめさせる
    「地面に降ります」
    「机の上に置きます」
    短く、落ち着いた声で言いましょう。

    ■状況理解や注意をうながす
    「ここに〇〇があるからね。落とさないように気を付けようね」
    「コップに熱いお茶が入っているからね。冷めるまでさわりませんよ」

閲覧数 number of view

355

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/09/28 対象 6歳~

  • 2023/03/02 対象 3歳~

  • 2023/07/27 対象 4歳~

  • 2023/09/15 対象 6歳~

  • 2023/02/12 対象 2歳~

  • 2024/02/29 対象 2歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索