子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
危険な行動をとる子の注意の仕方
ホームへ トップページ
 > 
指示が通らない
 > 
危険な行動をとる子の注意の仕方

危険な行動をとる子の注意の仕方

最終更新:2023.06.21
レシピ画像
子育て中のパパママ、こんにちは。臨床心理士、公認心理師の資格をもつ声かけサポーターとして、日々の「困った!」に役立つ情報をお届けしてまいります。
一緒に悩みながら、少しでも心を休めて、子育てしていきましょう。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

熱湯にふれる、包丁にふれるなど、高いところにのぼるなど、危険な行動をとる子がいます。

考えられる背景としては、次のようなものがあります。
・何がどう危険な行動なのかを知らない
・注意散漫
・短期記憶が弱く注意されたことを忘れる
・状況理解が弱く危険な状況であることに気づかない
・わざとやっている

けがにつながる恐れがあるため、上手に声をかけて注意しましょう。


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
包丁に触ってはいけません。皮膚が切れて、血がでます。

■どんな危険があるのかをしっかり説明する
「包丁に触ってはいけません。皮膚が切れて、血がでます。すごく痛いし、病院に行かなければなりません」
「虫眼鏡で太陽を見てはいけません。太陽の光はとても強いので、目が見えなくなくなってしまいます。目が見えなくなったら、治りません。」

■危険な行動はすぐにやめさせる
「地面に降ります」
「机の上に置きます」
短く、落ち着いた声で言いましょう。

■状況理解や注意をうながす
「ここに〇〇があるからね。落とさないように気を付けようね」
「コップに熱いお茶が入っているからね。冷めるまでさわりませんよ」

閲覧数 number of view

576

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/09/28 対象 6歳~

2023/03/02 対象 3歳~

2023/09/15 対象 6歳~

2023/07/27 対象 4歳~

2023/10/16 対象 0歳~

2022/06/03 対象 3歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索