子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
声のボリューム調整を出来ない子供には「アリさんの声だよ」
ホームへ トップページ
 > 
声が大きい
 > 
声のボリューム調整を出来ない子供には「アリさんの声だよ」

声のボリューム調整を出来ない子供には「アリさんの声だよ」

最終更新:2024.03.28
病院や図書館、他の公共施設でも、子供が大きな声を出してしまうことがあります。
本記事ではそんな大きな声を出してしまう回になってします。
レシピ画像
11歳と7歳の2児の母であり、保育歴15年の元保育士です。

子どもたちに寄り添う言葉かけや遊びかけを心がけ、自分も楽しく!をモットーに育児しています。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

病院や図書館など、特に大きな声を出してはいけない場で大きな声を出してしまう場合、怒るのも小さな声ではないといけず、手に負えなくて困る時ありますよね。
そんな場合、子どもにわかりやすく声の大きさを伝える声がけアイディアをご紹介します。


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
今の○○ちゃんの声だととっても大きいの…ありさんの声ってどれくらいだと思う?

「今から行く場所はね、たくさんのお客さんがいるから大きな声を出してはいけないの。大きな声ってわかる?」
(わかんない)
「そうだよね…大きいってわかんないよね。じゃあね、うさぎさんってわかる?」
(うん!お耳が長くてね、ピョンピョンする~!)
「そうそう。そのうさぎさんがここね。」
ボードのうさぎを指さしながら話します。

「今お話ししている○○ちゃんの声は、このうさぎさんのお隣のくまさんくらいの大きさなの。」
(うん)
「うさぎさんとくまさん、どっちが大きい?」
(くまさん!)
「そうだね~♪だから、○○ちゃんの声はうさぎさんの声より大きいってことなの。」
(うん)
「でね、今から行くところは、うさぎさんの声でも大きい声になっちゃうんだ…」
(え~!どのくらい?)
「ここで一番小さいのはだ~れ?」
子どもにボードを見せて考えさせる。
(ありさん?)
「そう!ありさんだよね?くまさんより何個小さくなるかな?」
「一緒に数えてみようか?」
「いーちー、に~さん!そう3つだよね?」
「だから、今の○○ちゃんの声だととっても大きいの…」
「ありさんの声ってどれくらいだと思う?」
(。。。)
「そう!いいね♪そのくらいでお話できそう?」
(うん!)
「ありがとう♡」
「じゃあ、今から行くところになったらありさんの声作戦ね♪」
(うん!)

材料:

声の大きさボード(なくてもオッケー)



あそびかた・やりかた

1

家の中で説明するとき、視覚的に声の大きさをイラスト化しているため、目に見えない声の大きさをイメージさせるときに使うと効果的です。



閲覧数 number of view

616

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

0~2歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/05/26 対象 1歳~

2022/03/21 対象 4歳~

2023/07/22 対象 5歳~

2023/03/08 対象 1歳~

2023/06/03 対象 1歳~

2023/04/19 対象 5歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索