子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【感覚過敏】靴下が苦手・嫌いな子ども。嫌がる理由と対処方法のご紹介。
ホームへ トップページ
 > 
感覚が過敏
 > 
【感覚過敏】靴下が苦手・嫌いな子ども。嫌がる理由と対処方法のご紹介。

【感覚過敏】靴下が苦手・嫌いな子ども。嫌がる理由と対処方法のご紹介。

最終更新:2023.03.07
レシピ画像
子育て中のパパママ、こんにちは。臨床心理士、公認心理師の資格をもつ声かけサポーターとして、日々の「困った!」に役立つ情報をお届けしてまいります。
一緒に悩みながら、少しでも心を休めて、子育てしていきましょう。
たくさんの声かけレシピの中から、お子さんにあうレシピが見つかりますように。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

皮膚に感覚過敏がある子どもは、靴下が苦手だったり、マスクが嫌いだったり、肌に身に付けるものに苦労することがあります。嫌がる理由を理解し、子どもが安心できる対処方法が見つかると良いですよね。

よく相談されるものとして、
・マスク
・くつした
・手袋
・マフラー
・セーター
・タートルネック
・フード
・長袖2枚重ね
・ズボンのゴム
・素材や洗い方が書いてあるタグ
などが挙げられます。

やわらかくてふわふわしていれば良い、というわけでもありません。なぜ?何が違うの?と思うようなものも、過敏さのあるお子さんにとっては、いてもたってもいられないぐらい不快なんです。どのよう対応が望ましいのか、いくつかご紹介します。


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
マスクいっぱいあるよー、どれにする?

■一緒に買いに行って選ばせる
「○くんの好きな靴下、明日探しにいこうね」
「(売り場で)どの靴下が気持ちいいかな?触ってみよー」
同じ綿100素材でも、柄の凹凸、薄さや手触り、ゴムの締まり具合、縫い目などで感触が変わります。お気に入りがあったら多めに確保!

■子ども自身にその日身に着けるものを選ばせる
「マスクいっぱいあるよー、どれにする?」
「今日はどのズボンをはく?好きなの選んでいいよ」
こっちのほうがいいんじゃない?とは言わず、安心できるものを選んでもらいましょう。

■安心させる
不安が高くなるとますます感覚過敏になり、いつも着られていたものが着れなくなることもあります。しかすると不安なことがあるのかもしれません。
「心配なことある?」
「何か気になることはある?」
とおだやかに聞いてあげましょう。

■強要しない
過敏さのあるお子さんは、わがままや、がまんが足りなくて着用出来ないわけではありません。たとえ色や上下の組み合わせが奇抜になったとしても、安心して着用できるものであればヨシとして、「オッケー!着られたね♪」と言ってあげましょう!どうしても選べないときは、パジャマの上に羽織でもヨシとしてあげましょう。

お子さんにとってちょうど良いものを見つけられると良いですね。

閲覧数 number of view

455

いいね いいねの数

4

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/06/26 対象 4歳~

2023/07/22 対象 5歳~

2023/04/26 対象 1歳~

2024/04/12 対象 5歳~

2023/12/27 対象 5歳~

2023/04/11 対象 4歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索