子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【2歳、3歳児】子供が砂を投げる・食べる。背景の理解と対策の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
公園・近所
 > 
【2歳、3歳児】子供が砂を投げる・食べる。背景の理解と対策の声かけ

【2歳、3歳児】子供が砂を投げる・食べる。背景の理解と対策の声かけ

最終更新:2024.02.22
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

はじめまして、ユズキと申します。小学生2人の母をしています。
作業療法士とはリハビリの仕事です。身体の不自由な方へのアプローチはもちろん、精神疾患や発達障害の分野でも活躍できる職業です。
小児発達については専門的に勉強しています。
精神科の作業療法はモンテッソーリ教育に近い考えがあります。

そのため、子ども達は上の子はモンテッソーリ教育を。下の子は自然派教育を。
それぞれの性格に合った環境で小児教育に取り組んできました。

プレイリストでは子どもとの関わり方について発信していきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
もっと見る
ちの息子は公園で砂を投げて遊んでいました。

「投げたらだめ!」

と注意しても楽しそうにニコニコと投げます。

次の瞬間には持っている砂を口に入れてしまって

「食べたらダメ!!」

と言っても時すでに遅し。

口の周りも口の中も砂だらけ。

あーやってしまった。。。なんてこと、ありませんか。


子供は砂の感覚を楽しんだり、手指の感覚を楽しんだりしています。
腕を触れるようになってくると砂が飛んだりするのが楽しくてしょうがありません。

なので子どもが公園で砂を投げようとするのはある意味自然なことです。

砂や落ちているものを何でも口に入れてしまうのも、外から様々な情報を収集しているのであって、これも自然なことです。

ただ、親的な目線では止めさせなきゃいけないですよね。

自身や他のお子さんの目に入ったりしたら大変ですし、公園には砂だけでなく動物のフンなどが落ちているので、衛生上食べさせるわけには行きません。

公園では砂を投げてはいけない。食べてはいけない。

そんなことをどのように伝えていけばいいのか、声かけをご紹介していきます。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    なんで砂投げるの?ママ目に入ったら痛いになるよ
    親「ちょっと!何するの!ダメでしょ!」

    これでは何も響きません。

    親「なんで砂投げるの?ママ目に入ったら痛いになるよ」

    こちら、おすすめです。

     「○○ちゃん目が痛いになったら嬉しい?」

    子「いやだ」子どもに相手の立場に立って考えさせる機会を与えます。

    しかし、子どもは何度も繰り返しま。

    その度に、「砂は何で投げたらダメなんだっけ?」と聞くことを繰り返します。

    子「目が痛いになるから…」
    親「そう。痛いになるから×です。」


    砂を食べようとした場合は
    親「砂を食べたらお腹痛いになるよ」
    親「お腹痛いになったら○○の好きなアレ、食べられなくなっちゃうかも。」
    親「お腹痛いになって嬉しい?」
    親「じゃあお砂食べるの、やめようね。」
    親「おうちから持ってきたお菓子でも食べようか!!」

    などなど、理由を伝えながら、子供でも分かるようなデメリットを伝えるようにしていきました。

    理由を覚えて、ダメな行動であることを根気強く伝えていきました。


    もし砂を大量に食べてしまった場合は、そこにガラスの破片や石、木くずなどが混ざっている場合があります。そんな時はすぐに行きつけの小児科にご連絡してください。

閲覧数 number of view

1518

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

0~2歳 男の子 女の子


    2023/04/30 対象 4歳~

  • 2023/09/08 対象 3歳~

  • 2023/03/08 対象 1歳~

  • 2023/04/08 対象 5歳~

  • 2023/03/09 対象 3歳~

  • 2023/03/21 対象 2歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索