子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【衝動がおさえられない】 ADHD特性の子と一緒に社会性を育む声かけ
ホームへ トップページ
 > 
発達
 > 
【衝動がおさえられない】 ADHD特性の子と一緒に社会性を育む声かけ

【衝動がおさえられない】 ADHD特性の子と一緒に社会性を育む声かけ

最終更新:2023.09.16
レシピ画像
はじめまして、まめぐっかと申します。
小学生の男の子ママです。
息子は、予定日より4ヶ月早い23週で生まれたNICU卒業生。
発達に凸凹があり、ほんの少し支援が必要です。
現在は、学校と学校以外の居場所で過ごすことを選択したホームスクーラーです。
私自身、専門的な資格や知識はありませんが、子育て中のお父さん、お母さんと同じ目線で、日々の声かけや、「笑顔になったよ!」っていうような寄り添い方について発信していきたいと思います。
“今も、これからも、あなたはあなたのままでいい”
そんな気持ちを大切にしながら見守っています。よろしくお願い致します。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

味のある物を見つけると、例え他人のものでも触りたくて触ってしまう。

当然、相手はビックリします。

その度に親や先生に注意をされます。

「何回言えばわかるの?」

この言葉はADHD特性のある子にとって、非常につらい言葉です。

わかっているけれども繰り返してしまう。

注意をされるたびに、
「また失敗しちゃった、、」
落ち込んで自己肯定感が下がる良くない傾向に。

もちろん、ADHD特性の子を育てている親御さんにとっても頭を悩ます瞬間です。

「何度言ってもなかなか身につかない。なんでなの?良い方法があったら教えて欲しい!」

ADHD特性の強い子の行動を根本から変えることは難しいですが、
ほんの少しサポートすることで、コミュニケーションの幅がぐんと広がります。
我が家で効果のあった方法をご紹介します。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    これは、さわっても大丈夫ですか?
    ADHD傾向のある子は、タイミングをつかんだり、人との距離感をとらえるのが少し苦手です。
    自分が興味のあるものや場所を見つけると周りが見えなくなります。
    気持ちが一つにロックオンされてしまうんです。

    “自分のものは自分のもの”
    だけど、
    “他人のものも自分のもの”

    自他の区別がつきづらい傾向にあります。

    息子も、目を離していなくても気づけば他人のものを触っていたり、関係者以外立入禁止の扉を開けていたり。
    そのたびに慌てて連れ戻していました。
    おでかけをする時は常に気を張っている状態です。

    そこで、息子がターゲットを見つけて飛び出すタイミングで、大人が見本を見せることにしました。

    「これはさわっても大丈夫ですか?」
    「ここは入っても大丈夫ですか?」

    この一言があると、この場面では相手に確認が必要なんだ。
    これは、自分の物ではなく他人の物なんだという意識が芽生え、きちんと言葉でコミュニケーションをとることができるようになっていきます。

    ルールがあいまいな場所や、わかりづらい場所などでも有効です。

    始めからダメだと決めつけずに勇気を出して聞いてみると、案外、「ここまでならOKだよ」とか「一緒に遊びたかったら一緒に遊ぼう」ってコミュニケーションが生まれたりもします。

    ADHDの特性があると、急な動きが多く、トラブルになりやすいなどとネガティブな印象を持たれてしまいますが、本当は人が大好きで人懐こく、いろんな世界のことを知りたい、とっても感性豊かな子たちです。
    やりたいこと、知りたいことであふれていて、好きなことがとことん大好きだなんて、本当に素敵なことです。

    持ち前の好奇心を大切に、自分の世界を広げていってほしいですね。

閲覧数 number of view

212

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

playListがお送りするラジオ番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室
・通勤や帰宅の時間に
・子どもの送り迎えの時間に
・家事や育児の合間の時間に
ぜひ聞いてみてください!
皆様の感想・コメントをお待ちしています!
2024年 新番組 毎週金曜更新
最新話 5/24 (金)
『#6 勉強中につまずくと泣きわめく。家庭学習を上手く出来ているケースはあるの?』↓↓↓




    2023/03/10 対象 5歳~

  • 2024/04/12 対象 5歳~

  • 2023/03/16 対象 5歳~

  • 2023/03/11 対象 4歳~

  • 2023/05/01 対象 0歳~

  • 2023/07/17 対象 1歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索