子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【子どもと一緒に読んでおきたい】ぼくらの災害サバイバルBOOK
ホームへ トップページ
 > 
防災
 > 
【子どもと一緒に読んでおきたい】ぼくらの災害サバイバルBOOK

【子どもと一緒に読んでおきたい】ぼくらの災害サバイバルBOOK

最終更新:2023.11.09
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

小学生二人の母です。
保育資格、幼稚園教諭免許を持っています。
子ども英会話教室講師を経て、個別指導教室で園児さんから高校生まで、いろいろな発達段階のお子さまの学びに携わっております。
もっと見る
信を持って答えることができますか?

【問題 :自宅で被災生活する時最初に食べるのはどっちだ?
 A  冷蔵庫にあるもの 
 B カップラーメンや非常食】

答えはAです。
なるほど、停電になった時に傷みやすいものから先に食べるというわけですね。
そういえば、私もあまり考えたことがない質問だったなと、はっとしました。

「先生、地震が来たらどうしよう?」

小学生から、そんな心配事を打ち明けられました。

「あのね、日本では毎日どこかで地震が起きているんだよ」

怖がらせたくて、言ったのではありません。
地震や災害は日本に住む私たちにとって、いつか起こることではなく、もっと身近なことです。
地域によってはあまり身近に感じていないお子さんもいると思いますが、日本全体を見渡すと、毎日どこかで何かが起きているのです。

災害のことを考えるのは恐ろしいですよね。
夜眠れなくなってしまうほど恐怖を感じてしまう子もいます。
恐ろしいことから遠ざけるのではなく、身近に置いて、準備を続けて行くことが恐怖に足止めされない方法です。

とはいえ、できることなら災害時の行動を恐怖感を感じすぎずに学びたいものですね。

クイズだったらどうでしょう?
コミカルなイラストと、二択クイズで構成されたサバイバルBOOKは小学生と一緒に防災を考えるのにぴったりです。

湘南北部療育センターへのリンク

絵本がもっと面白くなる!!
おすすめの声かけ

    お気に入り登録
    地震が起きたら、どこに避難する?
    子どもだけで読むには、もったいない本です。
    大人も一緒に、クイズを通して防災意識を高めましょう。

    「地震が起きたら、どこに避難する?」
    「どうやって連絡するの?」
    「学校にいるときはどうするんだっけ?」

    学校での避難訓練の様子も聞いてみてください。
    もしかしたら最新の防災情報を子どもたちから教えられることもあるかもしれませんよ。
    非難の時の新常識も満載です。

閲覧数 number of view

79

いいね いいねの数

7

こんなお子さんにおすすめ!

3~5歳 男の子 女の子

参考・外部リンク

出版 主婦の友社
監修 国崎信江(危機管理アドバイザー)
https://books.shufunotomo.co.jp/book/b383148.html



ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/09/27 対象 3歳~

  • 2023/11/09 対象 5歳~

  • 2023/03/31 対象 5歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索