子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
【2歳・3歳の試し行動】現役保育士が実践する、わざと大人を困らせる子供への対処法
ホームへ トップページ
 > 
ルール・マナー
 > 
【2歳・3歳の試し行動】現役保育士が実践する、わざと大人を困らせる子供への対処法

【2歳・3歳の試し行動】現役保育士が実践する、わざと大人を困らせる子供への対処法

最終更新:2024.03.14
レシピ画像
はじめまして。ナナと申します。
元幼稚園教諭・現役保育士で一児の母です!

保育歴は9年目で、乳児から幼児まで経験があります。
また、大学時代にはグループホームでアルバイトしていた経験もあり、知的に遅れのある子とも関わっていました。
卒業論文で子どもへの声かけをテーマにしたこともあり、声かけについては日々試行錯誤しながら保育や育児に活かしています。

様々な経験を活かして、子どもとの関わり方について発信していけたらと思っています。
少しでもお役に立てたら幸いです。
よろしくお願いいたします。
もっと見る

声かけのシーン(背景・導入)

子供が大人をわざと困らせる行動を取ることはよくあります。

親だったり、担任だったり、初めて会った人だったり。
子供は大人がどんな反応をするか試していて、それを試し行動と呼びます。

高いところに何度ダメと言ってものぼったり、ご飯をポイポイ楽しそうに床に投げたり…
大人がどんなに 

「ダメ」
「やめて」

と言っても逆に楽しそうにしたり、全然やめなかったりすることはよくありますよね。
本当に危険な時に困ってしまうので、大人としては危険をできるだけ排除したいし、マナーもきちんと覚えさせたい。
でも逆に面白がってしまったり、何回も繰り返したり。

そういう時は子供は大人の反応を楽しんでいることもあるので、無言で対応するのはどうでしょうか?


広告部分

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

お気に入り登録
あっちに面白そうなのがあるよ

何回声をかけても全然伝わらなかったり面白がったりしてやめてくれない時は、大人の反応を面白がっていたり、かまって欲しかったりすることが多いです。
そのため、無言で対応することを続けると、

「これは面白くないんだ」
「かまってくれなくなった」

などと感じ、自然とやらなくなることがあります。

例えば高いところにのぼる場合、

「ダメ!」
「危ないでしょ」
「おりなさい!」

と言うのではなく、無言で子どもを地面におろす。

床にご飯を投げる場合、

「落とさないの!」
「なんで落とすの!」

と言うのではなく、その行為は無視する。
などの例があげられます。
ただ無視するのではなく、

「あっちに面白そうなのがあるよ」
「これ食べてみたら?」

と代替案を出すのも有効ですので、ぜひ取り入れていただければと思います!

閲覧数 number of view

376

いいね いいねの数

3

こんなお子さんにおすすめ!

0~2歳 男の子 女の子

playListのラジオ (Podcast) 番組

「コドモトハナス」
- 心理士とパパの子育て相談室 -
最新話 2024 7/19 (金)
『#14 テンションが上がると手が付けられなくなる。抑えが効かなくなる。 』
下にある ▶ Latest Episode から
最新話を聞いてみてくださいね!!




2023/04/21 対象 6歳~

2024/02/02 対象 4歳~

2023/07/04 対象 3歳~

2024/05/23 対象 5歳~

2023/07/12 対象 4歳~

2023/04/26 対象 1歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索