子どもへの肯定的な声かけ・言葉がけが1000パターン以上。シーン別の声かけレシピ集
playList | プレイリスト
困った時の声かけ あそびと声かけ 絵本と声かけ
0-2歳の声かけ 3-5歳の声かけ 小学生の声かけ
ホームへ トップページ
 > 
記事一覧
 > 
本当に危険な行動に反応できるように。こどもを守る声かけアプローチ。
ホームへ トップページ
 > 
落ち着きがない
 > 
本当に危険な行動に反応できるように。こどもを守る声かけアプローチ。

本当に危険な行動に反応できるように。こどもを守る声かけアプローチ。

最終更新:2023.03.21
レシピ画像

声かけのシーン(背景・導入)

はじめまして、まめぐっかと申します。
小学生の男の子ママです。
息子は、予定日より4ヶ月早い23週で生まれたNICU卒業生。
発達に凸凹があり、ほんの少し支援が必要です。
現在は、学校と学校以外の居場所で過ごすことを選択したホームスクーラーです。
私自身、専門的な資格や知識はありませんが、子育て中のお父さん、お母さんと同じ目線で、日々の声かけや、「笑顔になったよ!」っていうような寄り添い方について発信していきたいと思います。
“今も、これからも、あなたはあなたのままでいい”
そんな気持ちを大切にしながら見守っています。よろしくお願い致します。
もっと見る
路を飛び出したり、ハサミを持って走り回ったり、日常でとっさにヒヤッとなる瞬間は決して少なくありません。
けれど、毎回親だってすぐに反応できるわけではない。。
自分で判断してできるようになってほしい!そんな時に効果のあった声かけを紹介したいと思います。

湘南北部療育センターへのリンク

こんな「声かけ」がおすすめ!

    お気に入り登録
    ○○(お子さんの名前)、ピタッだよ!
    息子の場合、興味のあるモノ、目に入った気になるモノがあると人のモノだろうと脇目もふらず触りに行く。それが触ってはいけないもの、危ないものか、ではなく触りたい欲求が上回ってしまいます。コレは危ないよ!っと繰り返し伝えますが、本人にはあまり響いていません。
    息子も何度も聞かされているので頭ではわかっているけれど、衝動的に手が出てしまうようです。

    そこで、言い方を変えてみました。
    「○○(お子さんの名前)、ピタッだよ!」
    これは、今の行動はストップ。
    触らないよ、動かないよ、を意味します。
    短いフレーズだと、子どもにも伝わりやすいです。

    普段の生活でお家の中でも外でも子ども(大人にとってもですが、、)にとって曖昧な物事って結構多いんですよね。本当にダメな行動、つまり身体生命に危険を及ぼす危険行動に反応してもらえるように、こども本人にしっくりくるリズムや音を見つけ、繰り返し伝えることで、
    とっさの危険な行動を回避できるようにしたいものです。

閲覧数 number of view

518

いいね いいねの数

2

こんなお子さんにおすすめ!

0~2歳 男の子 女の子
ぜひこちらもチェックしてください ↓↓↓
Podcast 2024年 新番組!


    2023/04/19 対象 6歳~

  • 2023/02/22 対象 4歳~

  • 2023/06/21 対象 4歳~

  • 2023/07/21 対象 4歳~

  • 2023/04/24 対象 2歳~

  • 2023/04/13 対象 3歳~

\関連する声かけレシピを一覧で表示!/
もっと見る 検索